終活で行う生前整理の基礎知識!失敗しないためのコツや基本を分かりやすく紹介!

当サイトは終活で行う生前整理の基礎知識を解説しています。
失敗しないためのコツや基本を分かりやすく紹介しているので、これから整理をはじめようと考えているのならぜひ参考にしてみてください。
生前に行う整理は、財産目録を作成するのが基本です。
残された人のためにもぜひ作成することをおすすめします。
また意外と見落としがちになるのが、デジタル機器の整理です。
いざというときのために重要となります。

終活で行う生前整理の基礎知識!失敗しないためのコツや基本を分かりやすく紹介!

終活のために生前整理をしようと考えている人は多いのではないでしょうか。
スムーズに行い失敗しないためのコツとしては、身の回りのものから少しずつでも行うということが挙げられます。
体が動き、頭がハッキリしているうちに行うのがおすすめです。
生前整理では身の回りの不用品を処分し、必要なものと選り分けるのが基本となります。
またデジタル機器や貴重品なども残された人に分かりやすいよう、まとめておくのがおすすめです。

生前整理はいつからやるのが良い?進め方ややり方について

いったい生前整理はいつからやるが良いのか、スタートは本人次第ですからいつでも構いません。
ポイントは自分が問題なくスムーズに動けるときから、ちゃんと考えて行動できる健康な時からです。
何を残すべきか処分するべきか、本人がきちんと判断できて、なんでも自分でできるうちに行動へ移すようにします。
もしも不自由になってからだと、家族や誰かにお願いすることになり、必要なものまで処分されてしまうかもしれません。
生前整理の進め方で最初に行うのは、残すべきものと処分するものを分けることです。
近年話題の断捨離を思い切って行うこと、必要かどうか判断できるのは自分であり、不要なものは思い切って処分をします。
財産整理にも手を付け始めるので、生前贈与をする資産と、相続を行う資産とに分けることです。
節税対策にもなるのが生前贈与の良いところ、財産トラブルを回避するために財産目録も作成をします。
遺言書を作ること、エンディングノートも作り残すことです。

遺品整理など家族の負担を軽減できる生前整理の計画の立て方

人は生まれたら必ず天に召される日がやってきます。
死んだ後のことはどうでもよい、死後のことは知らないなど無責任なことを言う人も珍しくありません。
しかし、遺族の家族や親せき、子供たちが遺品整理など様々な煩雑な整理をしなければならず負担がかかることが多いです。
遺族に迷惑をかけたくなければ生前整理を計画的に行うことが大事です。
生前整理で最も遺族が困惑してしまうものに、写真や洋服の整理があります。
写真は遺族が処分すべきか起こすべきか最も迷ってしまうといわれており、できればシュレッダーにかけたり焼却処分するなど生前に行っておくのがベストです。
衣類などの遺品も非常に多く、かさばるために処分や運搬も大変です。
元気なうちに着なくなった洋服は欲しい人に差し上げたり、買取業者に買取ってもらうなど計画性をもって整理すべきです。
現金化できればそれを遺族に残してあげることも可能であり、自分がなくなった後遺族が困らず喜ばれることを念頭に整理していくことが大事です。

物だけでなく心も整理ができる生前整理の仕分けのポイント

生前整理の仕分けのポイントですが、誤解を恐れずに言ってしまえば、自分自身の死後に残された家族にとって価値のあるものとないものとをより分け、価値あるものは残して価値のないものは捨ててしまうことにあります。
いろいろと考え方もあるかもしれませんが、生前整理は自分にとって価値があるものというか、残された人生をよりよく生きるために必要なものを残す作業ではありません。
そうではなくて、あくまでも自分の死後、遺族が遺品の整理をする際に困ったことになってしまうというか、大して価値のないものだけれども形見の品の一つと思うと捨てるに捨てられない、という状況をできるだけ発生させないために行うことが目的です。
この意味で言えば、例えば自分のコレクションとか趣味の品など、世間から見ると無価値に等しいものについて、必ずしもその場で捨ててしまうことが必須ではありません。
仕分け即ち目録を作ることでも、十分に目的は果たせます。

実行前に知っておきたい!生前整理で起きやすいトラブルとは?

生前整理で起きやすいトラブルは実行前に知っておきたいものですが、そもそも生前整理とは自身の死後、残された家族が遺品の整理で困ることのないよう、自分で前もって整理しておくことを指します。
つまり、実行するのは自分であっても目的はあくまでも家族のためです。
このように書けば、どのような問題が起きるかはだいたい想像できるのではないでしょうか。
本人と家族とでその品物に対する価値観がかみ合っていない場合に衝突が発生するということになります。
非常に単純化して言えば、例えばおじいちゃんはこれは素晴らしいものだと言っていたけれども、こっちが見るとガラクタにしか見えないし、こないだネットで検索してもやっぱりほぼ無価値と出ていたわよとか、これの逆のパターンも考えられます。
いくら自分の死後のためとはいえ、行った時点では本人は生きているわけで、このような行き違いを起こしてしまっては家族がぎくしゃくするのは目に見えています。

著者:佐野修治

筆者プロフィール

神奈川県横浜市生まれ。
家族と一緒に生前整理をしたら想像以上に時間と体力を使いました。
横浜で生前整理をする